Design Science: How Science Communicates
ホーム ソリューション   ライセンス料金・ご購入方法 リファレンス サポート 各種ライセンス 開発元
Desktop » MathType 7 » 機能とメリット
Wiris MathType logo
MathType 6.7 - Equation Editor(MathType for Windows)
英語版・仏語版・独語版・日本語版・中国語版
ワープロでも数式処理システムでも、どこでも使える数式を楽々作成&挿入!
論文、Web、出版、プレゼン用ソフトでの文書作成に組版ルールに準じた見栄えの良い数式を提供する強力ツールにして、TeX / LaTeX やMathML 入力にも対応した最先端のWindows 用数式作成・編集ソフトウェア
Features & Benefits MathType - What required Works With... MathType - Why Upgrade? FAQs

機能とメリット:  機能の詳細 

800 以上のアプリとWebサイトの数式作成の連携ワーク:

対応ソフトをクリックすると、現在MathType との連携が行えるアプリケーションやWeb サイトの一覧を参照できます。 とりわけ人気の高い情報は以下のとおりです。

数式を作成する様々な方法:

  • 手書きで数式入力: 紙と鉛筆を使って数学を解く時と同じような感覚で簡単に数式が入力できます。 この機能はWindows 7 以降のOS に組み込まれている手書き認識を使用しています。

  • 自動フォーマットによるポイント&クリック編集: MathType のパレットからテンプレートを選択し、その空のスロットに入力するだけで簡単に数式が作成できます。また入力時に自動的に数学組版のルールが適用されます。

  • キーボード・ショートカット: すべてのシンボル、テンプレート、およびコマンドのキーボードショートカットを備えているだけでなく、さらにカスタマイズもでき、時間の節約に役立ちます。

  • TeX / LaTeX を入力:MathType またはMicrosoft Word 文書に直接 TeX 言語で数式入力ができます。さらにTeX とポイント&クリック編集の両方の混在させることや、既存のTeX 文書から数式として貼り付けることもできます。

  • コピー&ペースト: 別のアプリケーションで作成した数式やウェブサイト上に見つけた数式を、手入力で作成するには時間がかかります。 直接それをMathType にコピー&ペーストで編集加工することも可能です。

  • ツールバー内の式を保存する: MathType のツールバーに使用頻度の高い数式や記号をドラッグして保存でき、その後はクリックするか、キー操作だけで挿入できます。

  • 対応するMicrosoft Office のバージョンが充実


    • Microsoft 365  およびOffice 16 : MathType 7 は最新バージョンのOffice に完全対応しています。

    • Office 10~15(2002~2013): MathType 7 は過去のバージョンのOffice にも完全対応しています。

    • ストアアプリ版、プレインストール版、Web 版Office、およびOffice RT : こうしたサードパーティ製のアドインをサポートしないバージョンのOffice や同名の無償ツールにおいてMathType 数式は編集できませんが、他のOffice で作成された数式の表示および印刷は可能です。

    • 32 ビット版と64 ビット版のOffice:MathType 7 のアプリケーション自体は32 ビットではあるものの、32 ビット版と64 ビット版の両方のOffice に対応しています。

  • Microsoft 365 およびv 12(2007)以降のWord やPowerPoint 上のMathType リボンタブ: Office のリボンユーザインターフェイスを最大限に活用し、簡単に論文作成やプレゼンテーションで数式の操作を行えるよう工夫しています。数式番号付け機能と参照機能もWord 文書上のすべての数式に使用できます。

  • Office 10(2002)・11(2003)のWord やPowerPoint 上のMathType ツールバーとメニュー: Microsoft Word およびPowerPoint のツールバーとメニューを追加し、数式番号付け、数式を含む見栄えの良いWeb ページ作成、プレゼンテーションに役立つ機能のコマンドにすばやくアクセスできるようにします。

  • シンボルを検索: 「シンボルを挿入」ダイアログで使用可能なシンボルを探索し、クリックやキー操作でそれを挿入することが可能です。

手書きの数式:


ツールバーに数学記号を保存:
Dragging an expression to the toolbar


Microsoft 365およびv12(2007)以降のWord やPowerPointにMathType リボンタブ:

増強された制御機能:

  • カラーの適用(色付け): 視る側の注意を向けるため、数式の一部を強調表示し、必要な部分だけに色を使用できます。

  • フォントの追加: 数式エディタよりも多くのシンボルとテンプレートを用意しています。 MathType オリジナルのEuclid 数式フォントの他に数千の数学記号をコンピュータ内の既存のフォントやインタネットからダウンロードしたフォントを利用することができます。

カラー化して、プレゼンテーションに視覚効果を:
Color all or part of an equation

MathML やLaTeX で作業:

  • 標準の数学表記で作業:LaTeX とMathML は数学マークアップ言語と呼ばれる数学表現のためのコンピュータ言語です。

    • 【LaTeX 数多くの愛用者を有するものの、学習曲線が急、すなわち短期間のうちに沢山の知識を習得する必要があること、加えて括弧や特殊記号も多種多様なことから、この言語だけの書き込みによる複雑な数式の構築作業には時間を要し、同時に試行錯誤も伴いがちです。 おおかたMathType のウインドウ上で標準的な数学表記を使って数式作成するほうが、はるかに簡単と感じるでしょう。

    • MathML 1998 年W3C により導入されたXML ベースの数学マークアップ言語で、HTML5、EPUB3、DAISY、DITA、NLM 他の多くの出版規格における数学記述に用いられるようになりました。 これは手入力の場合、むしろLaTeX より作業量が増え、可読性にも乏しい点など、人が直接作成することを意図したものでなく、MathType のようなコンピュータのツールで作成ならびに編集するのに適したものと言えます。

  • MathML やLaTeX でコピー: 複雑な数式でも簡単に入力し、LaTeX またはMathML として、クリップボードにコピーし、これらの言語を使用するアプリケーションやWeb サイトに貼り付けできます。

  • MathML やLaTeX でMathType に貼り付け: 多くのWeb サイト上の数式にはLaTeX もしくはMathML の情報も含まれており、そうした数式をMathType に直接貼り付けたり、異なるフォーマットに(例えばLaTeX からMathML へ)変換することも可能です。

MathML やLaTeX で作業:
Color all or part of an equation
-冒頭に戻る-
Copyright (C) 1996- WIRIS America (Design Science), Maths For More S.L. All rights reserved.