Non-Professional Desktop Version

Home Edition
for hobbyists and enthusiasts



【ホームエディション:ノンプロフェッショナルな個人ユーザー向け】

フル機能搭載のプライベート・ローエンド・バージョン

Mathematica ホームエディションには、プロフェッショナルバージョンであるスタンダードのすべての機能が含まれています。違いは非専門的ないしは非学術的目的で用いる個人所有のコンピューターでのみ使用に限定されていることです。すなわち仕事ではなく趣味や家庭で使用するためのライセンスです。高等数学の計算、グラフ化、画像化のみならず、機械学習の個人研究、写真画像処理、音楽演奏、個人投資、住宅ローン、ゲームなど、あらゆることに役立つパワフルなツールです。

では簡単な画像処理の応用例として、自宅近くで撮った富士山の写真をグレースケール化してみます;

Grayscaled Mount Fuji

さらにバージョン 12 では下図のような画像のスタイル変換も楽しめます。では上の写真を北斎の絵と掛け合わせてみます:
Imagerestyled Mount Fuji

いかがでしょう。 実はこれには高度な機械学習による画像処理が用いられています。
もちろん二階調化などレタッチソフトでお馴染みの処理も簡単にこなせます:
Binalized Picture Sample

さらに楽器の演奏だってこなせます:

Play Music on Mathematica

しかもWolfram Research 社のサイトには次のような意外なものも紹介されています:
強力なポケモンを探す
Mathematica を仕事で使ってみたいとお考えの方はプロフェッショナル版のスタンダード・エディションをご利用ください。

本バージョン(ホームエディション・ライセンス)の機能

並列計算の処理能力

4 計算カーネル
一台のPC上で最大4 件の並列計算が可能です。

Wolfram|Alpha API 呼び出し

月々 3,000 回
自由形式の言語入力
知識と計算の組み合せ

使用可能な場所

ご自宅のみ
職場ならびビジネス用途でのご使用にはなれません。


現在取扱中のバージョン: 12.3.1.0

製品名 税込定価
Mathematica Home Edition 12 日本語DL 版
51,040 円
Mathematica Home Edition 12 日本語DL 版 [サービス・バンドル]
76,450 円
(2021 年10 月1 日改定料金) ※ DL:ダウンロード

【対応環境】
システム: 64 ビットWindows 10;
Linux(Kernel 2.6 以降)64 ビット;
macOS 10.12 以降(64 ビットIntel)
プロセッサ: Intel Pentium Dual-Core もしくは他社製相当品以上
ディスクの空き容量: 19 GB
システムメモリ (RAM): 4 GB 以上を推奨
インターネット接続: Wolfram Knowledgebase からのオンライン・データソースのアクセスに必須

※ 【重要】 プレミアサービス加入者に提供される旧ホームユーズ(Home Use)ライセンス(現パーソナルユーズライセンス)とは別の製品です。
【ご使用上の注意】
個々のライセンスでインストールできるコンピューターは1台のみです。プログラムはWindows・MacLinux の各OS 用のいずれか一つを選択できます。(後から変更する場合は手続きが必要になります。) パーソナルライセンスサービスもしくはパーソナルライセンスサービス・プラスの加入者が取得できるパーソナルユーズライセンスを使って(別のコンピューターで)別のOS 用プログラムをご使用になることも可能です。
アップグレードのお見積りをご希望の方はアップグレード専用お問い合わせ(申請)フォームをご利用ください。