WIRIS



WIRIS 社オリジナルの手書き入力対応数式作成スイートツール


WIRIS MathType for Google Workspace

WIRIS 社独自開発の数学作成編集ツールWIRIS Editor の流れを汲むGoogle ドキュメントおよびスライド用のクラウド型アドオンツールです。MathML フォーマットを採用しており、旧来のMathType およびMicrosoft 数式3.0 のフォーマット(MTEF)との互換性はありませんが、プレゼンテーションMathML にネイティブに対応している希少な先端ソフトウェアです。WIRIS 社のサーバーを経由することでコンテンツMathML の入出力など、より高度なMathML の処理もできます。

MathType for Web on Google Docs

入手方法:

Google ドキュメントもしくはスライドの[アドオン]メニューから、[アドオンを取得]を選び、[MathType]を選択


使用方法:

ユーザーガイド(英文)を参照のこと。サポート対象外

システム要件(条件):

インターネット接続ならびにWeb ブラウザー。Google ドキュメントもしくはスライド。


WIRIS MathType for Word in Microsoft 365

WIRIS 社独自開発の数学作成編集ツールWIRIS Editor の流れを汲むMicrosoft Office 用のクラウド型アドオンツールで、Office ストアから無償で入手できます。ネイティブのMathML フォーマットを採用しており、Microsoft Word 内蔵の標準数式ツールOMML(MathML ベースのOffice 専用バージョン)の フォーマットとの互換性があり、代替ツールとして機能させることができます。ただし旧来のMathType およびMicrosoft 数式3.0 のフォーマット(MTEF)で作成した数式の編集を行った場合、フォーマットが変換されるため、MathType 7 (MathType for Windows)での編集はできなくなります。

MathType for Web on Office


入手方法:

Word の[挿入]メニューから、[アドインを入手]を選び、[MathType]を検索



使用方法

ユーザーガイド(英文)を参照のこと。サポート対象外

システム要件(条件):

インターネット接続環境。Microsoft 365 ないしはOffice 16.0

-冒頭に戻る-
Copyright (C) WIRIS, Maths for More All rights reserved.