Design Science: How Science Communicates
ホーム ソリューション   ライセンス料金・ご購入方法 リファレンス サポート 各種ライセンス 開発元
ソリューション » MS Wordユーザー

Microsoft Wordユーザーのためのソリューション

MathTypeは数式エディタのフルバージョンです。

Microsoft Word2003 (Windows) ・2004 (Mac) まで標準ツールとして、それ以降は2018年1月までサブツールとして内蔵されていた数式エディター(Microsoft数式3.0)についてはご存知の方も多いものと思われます。MathTypeは、より速く、よりスマートな作業環境を提供する追加機能を沢山取り揃えた数式エディター(Microsoft数式3.0)のフルバージョンです。

教師のためのWord+MathType

数学ないしは数理科学、商業学、経済学の教育現場の多くで、MathTypeを用いた数式を含む試験問題や教材が作られています。コンピュータに不慣れな教師の中には、新しいソフトウェアを学ぶことを躊躇する方も見受けられますが、これはポイント&クリックの数学編集に親しむことができます。30日間限定の無償評価版にて、MathTypeがより速く、より快適な数式作成・編集作業の実現をご確認ください。さらに詳しく ⇒

Word+MathTypeで、論文や書籍の作成

これまで殆どの専門誌や教科書の出版社が、MathTypeか数式エディター(Microsoft数式3.0)のいずれかを使用して作成された数式を含んだWord文書の形式での入稿を受け入れてきました。かつて全米の雑誌出版社を調査した際、提出された数学表記を含むコンテンツ全体の75%がこのフォームでした。また多くのSTM(理化学・工学・医学)出版関係の方々も執筆者へMathTypeの使用を勧めてもいます。さらに詳しく ⇒

Word+MathTypeでオンライン出版のためのWebページの作成

MathTypeメニューに備わるMathPageコマンドは、数学表記を配したWebページを作成する際に、Wordの「Webページとして保存」のコマンドの代わりとなるものです。このMathPageコマンドは、Word内蔵のものよりも、はるかに良い仕事をし、さらに独自の付属機能も追加します。さらに詳しく ⇒







-冒頭に戻る-
Copyright (C) 1996- WIRIS America (Design Science), Maths For More S.L. All rights reserved.