Design Science: How Science Communicates
日本語版ホーム ソリューション ご購入(料金・ご注文) サポート リファレンス ダウンロード サイトライセンス Design Science
MathType 日本語版 » Windows » 対応ソフト
MathType - Equation Editor product shot
MathType 6.7 - Equation Editor
Windows 8 Compatible
日本語版
Equations Everywhere and Anywhere™
ワープロでも数式処理システムでも、どこでも使える数式を楽々作成&挿入!
論文、Web、出版、プレゼン用ソフトでの文書作成に組版ルールに準じた見栄えの良い数式を提供する強力ツールにして、TeX / LaTeX やMathML 入力にも対応した最先端のWindows およびMac 用数式作成・編集ソフトウェア

アプリケーション&Web サイトの互換性データベース

特定のアプリケーションやWeb サイトでMathType がどのように機能するかに関する最新の情報です。ここではとりわけWindows ユーザーに人気の高いアプリケーション、あるいは問合せの多いWindows アプリケーションを取り上げます。



Adobe InDesign

MathType からInDesign に、EPS 形式の画像イメージとして、数式を挿入することができます。またEPSは、InDesign が最も数式をきれいに表示することが可能な保存形式です。MathType とInDesign で、次のことが行えます:

  • InDesign に数式を追加:InDesign 書類に取り込めるEPS イメージとしてMathType 数式を保存することができます。またMathType からの数式および数学記号を直接InDesign にコピーして、貼り付けることもできます。

  • InDesign 内の数式を編集:InDesign 内で配置コマンドを使用すると、数式へのリンクが保存されます。変更終了後、MathType のオリジナルのEPS を開いて、編集すると、MathType ウィンドウを閉じた際に、InDesign 内の数式が更新されます。

  • InDesign にMathType 数式を有したWord 文書をインポート:数式を有したWord 文書は、InDesign に数式の並びを乱さずに、適切に文書と数式を直接配置できます。


一太郎

一太郎はジャストシステム 社が開発した国産の代表的なワード・プロセッサです。 一太郎はOLE(オブジェクト・リンキング&エンベディング)と呼ばれる埋め込みオブジェクトに対応します。 もとよりMathType 数式はOLE オブジェクトであるため、一太郎との相性に優れています。MathType と一太郎で次のことが行えます:

  • 一太郎に数式を追加: 一太郎上の[挿入]メニューの[オブジェクト枠]、さらに[作成]を選ぶことで[オブジェクト枠の作成]ダイアログを開きます。 次に[新規作成]タブリストから[MathType 6.0 Equation]を選び、[OK]をクリックし、数式入力用のMathType ウインドウを開きます。 またMathType から一太郎へ数式や数学記号を直接ドラッグ&ドロップおよびコピー&ペーストすることもできます。

  • 一太郎の数式を編集: OLE にはMathType が数式作成に用いられた記録が残るため、ダブルクリックするだけで、MathType で数式を開きます。 変更終了後、ウィンドウを閉じることで、一太郎文書内の数式を更新することになります。

  • 一太郎に手書きの数学を挿入: Windows 7 を使用している場合、Windows 数式入力パネル、タブレットPC、ディジタイズ用タブレット、マウスを使って、簡単に手書きの数式を入力できます。


Maple

Maple は入出力の両方でMathML を使用できる人気の数式処理システムです。
MathType で、Maple 用のMathML を作成したり、Maple 内の既存の数式を使用することも簡単です。MathType とMaple で次のことが行えます:


  • Maple に数式を追加:MathType でMathML として作成した数式を、Maple が認識するMathML としてドラッグ&ドロップあるいはコピー&ペーストできます。

  • Maple から数式をコピー:Maple からMathType に数式をコピー&ペーストできます。MathType で、その数式を編集し、MathType 数式ライブラリーに加えたり、Maple の新規の書類の中でそれを使用できます。


Mathematica

Mathematica とともに、MathType を使用して、数学の未知の領域を共有しましょう。 Mathematica からワード・プロセッサ、プレゼンテーション、他の数式処理システム、オンライン学習システムなど何百ものアプリケーションやWeb サイトに数式をコピーする際に、MathType を使用することにより、時間の節約やエラー回避に役立ちます。 MathType とMathematica で次のことができます:

  • Mathematica に数式を追加:MathType でMathML として作成した数式を、Mathematica が認識するMathML としてドラッグ&ドロップあるいはコピー&ペーストできます。

  • Mathematica から数式をコピー:Mathematica からMathML としてMathType に数式をコピーして貼り付けできます。Mathematica からMathType に数式をコピー&ペーストできます。MathType で、その数式を編集し、MathType 数式ライブラリーに加えたり、Mathematica の新規の書類の中でそれを使用できます。

Mathematica とMathType を一緒に使用する場合のサポート情報


Microsoft PowerPoint

PowerPoint とMathType は、一体型のインターフェイスとなるため、PowerPoint にあるツールバー上のボタンをクリックするだけで、数式が挿入できます。 PowerPoint は、Microsoft Office を構成するプレゼンテーション用アプリケーションです。 PowerPoint は一般的なリンク機能の他にOLE(オブジェクト・リンキング&エンベディング)と呼ばれる埋め込みオブジェクトに対応します。
もとよりMathType 数式は OLE オブジェクトであるため、PowerPoint との相性に優れています。MathType とPowerPoint で次のことが行えます:

  • PowerPoint に数式を追加: PowerPoint 上のツールバーとメニューのコマンドを使用して、スライド上に数式を挿入できます。 またMathType からPowerPoint へ数式や数学記号をドラッグ&ドロップおよびコピー&ペーストすることもできます。

  • PowerPoint でテキストと数式をアニメート: 数式をスライドに現われるようにプログラムできます。

  • PowerPoint から数式をコピー: PowerPoint からMathType へ数式をドラッグ&ドロップ、もしくはコピー&ペーストし、MathType で新規書類として、編集や使用ができます。

  • PowerPoint 中の数式を編集: OLE にはMathType が数式作成に用いられた記録が残るため、ダブルクリックするだけで、MathType で数式を開きます。 変更終了後、ウィンドウを閉じることで、PowerPoint 書類内の数式を更新することになります。


Microsoft Word

Microsoft Word とMathType は一体型のインターフェイスとなるため、Microsoft Word にあるツールバー上のボタンをクリックするだけで、数式が挿入できます。 さらに、数式に番号を付けたり、文書中のすべての数式をフォーマットしたり様々なタスクを行なうことができます。 Word はMicrosoft Office を構成するワード・プロセッサです。Word は一般的なリンク機能の他にOLE(オブジェクト・リンキング&エンベディング)と呼ばれる埋め込みオブジェクトに対応します。 もとよりMathType 数式はOLE オブジェクトであるため、Word との相性に優れています。MathType とWord で次のことが行えます:

  • Word に数式を追加: Word 上のMathType ツールバー、メニューあるいはリボン・タブコマンド類を使用して、挿入ポイントや個別の文章中に数式を挿入できます。 あるいは、MathType からWord へ数式や数学記号を直接ドラッグ&ドロップおよびコピー&ペーストすることもできます。

  • Word の数式を編集: OLE にはMathType が数式作成に用いられた記録が残るため、ダブルクリックするだけで、MathType で数式を開きます。 変更終了後、ウィンドウを閉じることで、Word 文書内の数式を更新することになります。

  • Word に手書きの数学を挿入: Windows 7 を使用している場合、Windows 数式入力パネル、タブレットPC、ディジタイズ用タブレット、マウスを使って、簡単に手書きの数式を入力できます。

  • 数式の番号と参照: 新しい数式を加えると、自動的に数と参照が更新します。

  • 文書中のすべての数式のフォントおよびサイズを変更: 文書中のすべての数式のフォントおよびサイズを変更できます。 これは数式を残りの文書のスタイルと一致させる必要がある場合、とても便利です。

  • 見栄え良く、アクセシブルな数学Web ページを作成: Word 上のMathType の「MathPage の出力」コマンドは、専門的な文書をWeb上に掲載することを簡単にします。 Word に直接LaTeX 入力し、クリックでMathType 数式に切り替えられます。

  • 文書中の数式および数式番号をすべて参照: 作業内容をチェックする必要がある場合、MS Word 上のMathType の数式参照機能を使って、全ての数式を閲覧できます。

  • 文書中の全ての数式をTeX/LaTeX、MathML、EPS、GIF、WMF の形式で出力: 別のアプリケーションやWeb ページで、Word にある数式のイメージを使用する必要がある場合は、コマンドひとつで数式すべてをイメージに変換できます。


MATLAB

MathType をMATLAB と使用すると、タイトルの注釈や、他の注釈を挿入する容易な方法として役立ちます。 ただしMathType 数式はMATLAB の中での計算に使用することができません。 MATLABは、技術的に高度なコンピュータ処理言語で、アルゴリズム開発、データ可視化、データ分析、数値計算のためのインタラクティブな環境です。 MathType とMATLAB で次のことが行えます:

  • MATLAB の関数ファイルに数式を追加: 数式や数学記号をMathType から直接MATLAB の関数ファイルにコピー&貼り付けできます。

  • MATLAB 関数ファイルからの数式をコピー: MATLAB の関数ファイルからMathType に数式をコピー&貼り付けし、それを編集したり、新規書類内で使用できます。

MathType と MATLAB 間のコピー&貼り付けの準備作業:

  1. MathType の[各種設定]メニューから[切り取り/コピーの設定...]を選びます。
  2. [MathMLまたはTeX]の項目で、[LaTeX 2.09 and later] を選択し、 [OK]をクリックします。
  3. [書式]メニューから[インライン数式]を選びます。
MathType のコピー&ペーストによるLaTeX の書き出しは数式を\[ \] 囲んだ「ディスプレイ数式モード」のスタイルで表現しますが、MATLAB 側では\[ \]を正しく認識しません。このため、\[ \] の代わりに$\ $ で数式を囲む必要があります。MathType の[書式]メニューの[インライン数式]のオプションでは$\ $ を使用するので、これだとMATLAB にも正しく認識され、後から手直しする手間が省けます。ただし、ディスプレイ数式モードで使用する場合、さらに前後に$ を追加する必要があります:
\[\sqrt {{x^2} + {y^2}}\](MathType のデフォルトの書き出し=ディスプレイ数式モード)
$\sqrt {{x^2} + {y^2}}$ (MathType のオプションでの書き出し=インライン数式モード)
  $$\sqrt {{x^2} + {y^2}}$$ (ディスプレイ数式モード - $を使用したパターン)

Mathcad Prime

Mathcad と一緒にMathType を使用すると、絵、図表、グラフにラベルを付ける簡単な方法として役立ちます。ただし、MathType では、Mathcad の中で計算に使用される数式は作成できません。MathType とMathcad で、次のことが行えます:

  • 注釈としてMathcad に数式を追加:Mathcad ワークシートにMathType 数式を加えることができます。これは数学の標準記法で注釈されたグラフなどをワークシートに掲示したい場合に有用です。

  • Mathcad から数式をコピー:Mathcad からMathType に数式をコピー&ペーストし、新規書類の中でそれを編集、あるいは使用できます。

Mathcad ワークシートの中、あるいは他(Word 文書など)のところで使用するため、Mathcad 形式のファイルをMathType 数式に変換することに関しては、今のところ対応していないことに注意してください。


OpenOffice

MathType はOpenOffice と一緒に使用でき、OpenOffice 文書、プレゼンテーション、スプレッドシートに数式を挿入することができます。OpenOffice は、Windows の汎用リンクの他にOLE(オブジェクト・リンキング&エンベディング)と呼ばれる埋め込みオブジェクトに対応するオープン・ソース・オフィス・パッケージです。もとよりMathType 数式はOLEオブジェクトであるため、MathType とOpenOffice の相性は、英語(1バイト言語)環境においては、申し分ありませんが、日本語環境では、括弧が文字化けを起こす問題が確認されています。OpenOffice とMathType で、次のことが行えます:

  • OpenOffice に数式を追加:OpenOffice の「オブジェクトを挿入」メニュー・コマンドを使用して、挿入ポイントに数式を挿入できます。また、MathType から直接OpenOffice へ数式や数学記号をドラッグ&ドロップ、もしくはコピー&ペーストできます。(日本語環境では、括弧を含む数式の場合、文字化けが生じます)

  • OpenOffice の中の数式を編集:OLE にはMathType が数式作成に用いられた記録が残るため、ダブルクリックするだけで、MathType で数式を開きます。変更終了後、ウィンドウを閉じることで、OpenOffice 文書内の数式を更新することになります。(日本語環境では、括弧を含む数式の場合、OpenOffice の文書上で文字化けが生じます)


QuarkXPress

MathType からQuarkXPress に、EPS 形式の画像イメージとして、数式を挿入することができます。またEPS はQuarkXPress が最も数式をきれいに表示することが可能な保存形式です。MathType とQuarkXPress で、次のことが行えます:

  • QuarkXPress のプロジェクトに数式を追加:EPS ファイルは高解像度出力に最良の選択です。

  • QuarkXPress のプロジェクト中の数式を編集:数式を書類に埋め込むことによって、MathType で簡単に編集することができます。


MathTypeと作業する方法について見るには、上記のリストからアプリケーションやWebサイトを選択します。MathTypeとの互換性に関しては、我々が知らない、あるいはチェックしたことのないアプリケーションやWebサイトでも良好な結果が得られるものと思われます。
上記の他にMathTypeとの対応に関して評価してほしいアプリケーションやWebサイトがある場合は、質問、コメント、またはビデオを送ってください。interop@dessci.com@MathType on TwitterMathType on FacebookMathType on YouTubeFollow MathType on YouTubeユーザーの皆さんのフィードバックも募集しています!

-冒頭に戻る-
Copyright (C) 1996- Design Science.All rights reserved.